アミノ酸度

日本酒とワインの違い

お酒の中で、日本酒とワインについて、どういった違いがあるのかということをご説明したいと思います。
まず、ワインと日本酒は原料が違うところが第一の違いです。
皆様がご存知の通り、ブドウから作られるワインとお米から作られる日本酒です。
しかし、この原料は基本的に同じブドウ、またはお米という点と、銘柄が非常に多く出ているという点は、似ていると言ってもいいかもしれません。
同じメーカーからでも違う銘柄を出していることやその数の多さには圧倒されますよね。

また、違いというと、ブドウは最初から糖分が含まれていますが、お米にはこの糖分にするためにはデンプンに手を加えなければならないという点があります。
ブドウには水分が含まれているので水などは加えませんが、日本酒は水の味すらも重要になるという点も、大きな違いでしょう。

共通点の最後としては、ワインも日本酒も同じ醸造酒というところでしょう。
そこから派生して焼酎やブランデーなどといったお酒が出てきています。

このように、ワインと日本酒には意外な共通点が多くありました。
他のお酒でも、似ている要素というのは出てくるのかもしれません。
醸造酒と蒸留酒などでの味には大きく違いが出てきますので、調べてみると面白いかもしれません。


このページの先頭へ